薬膳教室心味 > ブログ「ここみライフ」 > 家族が病気になったとき

ブログ「ここみライフ」

薬膳教室「心味」オーナーの
瀧本靖子が綴る、薬膳な毎日。

家族が病気になったとき

※3月4日(日)10時~の基礎クラスに1席空きがでました。

教室の講座は3月から方剤クラスも内容や日程など一新しました。

近日中にHPに記載されます。教室の生徒さまには3月の講座で配布します。

4月からスタートする妊娠力をあげる養生レッスンも沢山のお問い合わせを頂いております。

第4土曜日で開催しますので、興味のある方はお知らせください。

さて・・。

ここ最近は、「家族が病気になった」「家族が手術を」「家族が末期で」というお話を聞く事が多いです。

多いときは、1日で3人くらいの生徒さまから聞きます。

教室の生徒さまの年齢層が、30代~50代が中心になりますので、丁度そういう時期なのかもしれません。

実際に家族が病気になると、治療などは医師や病院にある程度任せるしかないし、自分が出来る事は限られるかなと思います。

回りの人間は、精神的な支えになる、食事で支える・・これらなら出来ると思います。

食べられなければ身体は衰弱しますし、その人に必要な物を食べてもらいたい、それで回復して欲しい、と思うのではないでしょうか。

自分自身の体長管理は勿論、周りの人の役に立てるように、日々沢山の薬膳の知識をストックして欲しいと思います。

中級クラスでは、クラスによりますが、沢山の例題や症例を話しますので、ぜひぜひストックを増やしてください。全部を記憶できなくても、忘れても良いのです、必要なタイミングで思い出せれば良いのです。

教室には楽しく趣味の講座として参加して下さる方がほとんどですが、突然にそういう事に遭遇する事もあるので、楽しみながらも、メモを取ったり覚えたりしてみてくださいね。

個別相談の内容も、半分以上はご家族の相談です。

まずは覚えてみる、そして考えてみる、それでも分からなければ、個別相談にいらして下さい。

 

 

 

メディア掲載情報
おすすめイベント情報