薬膳教室心味 > ブログ「ここみライフ」 > 薬膳教室と薬膳実践学院の違い

ブログ「ここみライフ」

薬膳教室「心味」オーナーの
瀧本靖子が綴る、薬膳な毎日。

薬膳教室と薬膳実践学院の違い

先日、日本薬膳師ベーシックにトライするか迷われている方とお話をしたのですが、その方が

「学校ってなんですか?薬膳実践学院?知らなかった」

と言われて、私もびっくりしました。

そうなんだー。薬膳教室 心味の生徒さまでも知らない人がいるんだーと。

そして、「教室は趣味、学院はもっと勉強する」という表現をすると誤解を招きそうなので、念のため。

薬膳教室は1回の講座が「講義1時間、お食事、質疑応答」で2時間になります。

薬膳実践学院は1回の講座が「講義5時間、もしくは調理実習1時間、講義4時間」になります。

また学院は月に2回通いますので、1年間で100時間超ほど勉強をします。

そういう意味で、勉強する時間数が圧倒的に違うので、「もっと勉強する。本格的に学ぶ」という表現をします。

内容が難しいというより、時間が長い分、奥深くまで中医学が学べるのです。

教室もかなり濃密な講義時間だと思いますが、学院はそれがずっと続くのです!

私はどちらも全力で取り組んでいますので、勉強する時間と奥の深さの違いだと理解して頂ければよいです!

 

 

 

メディア掲載情報
おすすめイベント情報