薬膳教室心味 > ブログ「ここみライフ」 > 9月のチーズ講座!

ブログ「ここみライフ」

薬膳教室「心味」オーナーの
瀧本靖子が綴る、薬膳な毎日。

9月のチーズ講座!


9月の「チーズとワインとおもてなし薬膳」講座は、テーマが“イタリアハードチーズパート1”でした。
ハードチーズは熟成が進むとアミノ酸の結晶がじゃりじゃりして旨みも凝縮してとても美味しいです^^
薬膳料理4品にもチーズをすりおろして使ったり、焼いたりして用いました。
P9272402.jpg
こちらのチーズはフォンティーナ ヴァッレ ダオスタ
ヴァッレ ダオスタとは州の名前でもあり、牛の種類の名前でもあります。
P9272403.jpg
こちらのチーズはピアーヴェ ヴェッキオ オーロ
前回のイタリアチーズの回にもピアーヴェを食べたのですが、予想以上に美味しかったので、今回は約1年熟成のオーロを選択。
P9272404.jpg
こちらのチーズはカルニア アルトブット ストラヴェッキオ
P9272405.jpg
こちらのチーズはモンダーズィオ スタジオナート
カルニアと同郷のチーズです。
P9272406.jpg
こちらのチーズはサルヴァ クレマスコ
表面を塩水で洗っているウオッシュタイプ。とはいえ、ウオッシュチーズのように柔らかくはなく、しっかりとした歯ごたえです。
P9272407.jpg
パルミジャーノ レッジャーノ2種類。
下が2年熟成のパルミジャーノで、上が4年半の熟成。
両方ともにアミノ酸の結晶がじゃりじゃりしていてとおっても旨みが濃厚で美味しかった^^
P9272408.jpg
こちらがオッチェリ アル バローロ
バローローワインの搾りかすに漬け込んで造るチーズ。表面のぶどうの搾りかすも食べられます。
バローロですから、ぶどう品種はネッビオーロ^^
P9272409.jpg
アズィアーゴ プレッサート
ハードタイプだけれど、水分が多くてモチモチしています。
チーズの講座は、前半40分程度がチーズの講義、および当日の薬膳茶や薬膳料理の説明、その後チーズの試食、薬膳料理を食べて終了となります。
チーズが10種類程度、ワインが1種類、薬膳料理が4品食べられます。
ワインが飲めない方は、別の飲み物を用意してあります。

メディア掲載情報
おすすめイベント情報