薬膳教室心味 > ブログ「ここみライフ」 > タジン鍋

ブログ「ここみライフ」

薬膳教室「心味」オーナーの
瀧本靖子が綴る、薬膳な毎日。

タジン鍋


昨晩も中医学の辞書の原稿と格闘しておりましたが、終わらず今朝も格闘しておりました。
ほぼ、終わったけれど、「ほぼ」じゃあ・・まずいよね・・
さて、今日から、実践女子大学生涯学習センターでの後期の薬膳茶講座がスタートしました。
この講座は、前期も好評でしたが、後期もお蔭様で募集と同時に定員になり、追加講座が出来ました。
今日は「秋の薬膳茶」の講座でした。
参加されている方の中には70代の方もおり、その方は7年前に中国へ行った時、子供たちが
「これは体を冷やすから食べない」とか、「風邪気味だから、これは食べない」というような会話を
していることに感銘を受け、そこから中医学に興味をもたれたそうです。
これこそまさに、「医食同源」です。
日本でも「食育」が叫ばれていますが、家庭で食事を食べる時に「風邪気味ならこれを食べなさい」というような会話がある事が、大事な「食育」だと思います。
中国では当たり前のように受け続けられているこの会話が、「医食同源」であり自然と身についてるんですね。
「おばあちゃんの知恵袋」的なことが日本でも受け続けられていくと、「食育」とわざわざ位置づける必要がないかも知れないですね。
さて、薬膳講座を終えた後、都内で「タジン鍋」をご馳走になりました。
モロッコの「タジン鍋」を使った蒸し料理なのですが、昨今のヘルシーブーム→蒸し料理ブームからタジン鍋も注目を浴びていますね。
実際に鍋が6000円くらいするので、まだ購入していないのですが、今日食べた感想だと、土鍋で十分代用できるかな・・
鍋が「タジン鍋」じゃなかったら、普通の美味しい水炊きと変わらないようにも思えたのですが、
でも、味は美味しかった!!!!
 今晩からぐっと寒くなりますから、早速作ってみたいと思います

メディア掲載情報
おすすめイベント情報