薬膳教室心味 > ブログ「ここみライフ」 > 采之汲の紹介パート2

ブログ「ここみライフ」

薬膳教室「心味」オーナーの
瀧本靖子が綴る、薬膳な毎日。

采之汲の紹介パート2

前回のブログで紹介した采之汲の現在発売中の3種類のシートマスクについての紹介です!

私は若い時から、ヘレナルビンスタインや資生堂や海外ブランドのシートマスクをいろいろと使ってきましたが、ヘレナは20代の頃に愛用していたので効果をすごく感じていましたが、自分の加齢に伴いイマイチあわなくなってきました。

その他のブランドは、進められて色々使っていますが、どれもいまいちでしたが、采之汲のシートマスクは、私には良かったです。

 

采之汲はピンク、水色、紺色の3種類があり、それぞれに使用している生薬の種類が異なります。

全て5種類づつ入っています!

それらの詳細はHPの采之汲のページに書いてありますので、今回は実際に私が使用しての感想などについて書きます!

※私見です、肌質によっては異なる感想を持たれるかもしれません。

まずはピンク!

私は、朝シャワーを浴びた後にシートマスクを使い、お化粧して活動する・・というパターンの時もあります。

これは、大事な仕事などの時で肌をマックス・ベストな状態にしておきたい時に頑張る方法です。

ただ、朝から大変なので(苦笑)

最近は、夜のお風呂の後に使います。

髪の毛をちょちょっと乾かしてから前髪だけピンで留めて、シートマスクを付けます。

15分くらい経過したら、はがします。

この時に、采之汲はぴったりと密着するので、シートマスクとは思えない「ぺりっ」という、剥がす感じがあります。

ピンクは、顔のむくみが取れるのか、顔が引き締まりほうれい線が驚くほどに目立たなくなります。

そして、肌色が明るく白くなります。

最近は見たことがないわー、と思うほどにほうれい線が目立たなくなり、テンションが上がります。

たっぷりと液体が入っているので、首、腕、足にも塗ります。

さて、水色です!

水色は、ピンクほどには、引き締まりやほうれい線の変化が感じられないので、私的には、

「うん?シートマスクしたっけ?」

という感じなのですが、この液体を塗った首、腕、足が、サラサラしているのにツルツルでいつまでも触っていたいような感触になります。潤いを与える力が凄い。

24時間後、つまりは翌日の夜にお風呂に入った時に、まだ腕がツルツルしていて感激します。

顔は触らないようにしているのですが、翌朝に顔を洗う時に、ツルツルしていますので同じだと思います。

肌の潤いが凄い。

乾燥肌の人には向いていると思います。

 

ラスト、紺色!

これは値段が他の2つに比べると高いのですが、肌の蘇り感があります。

中のパッケージはこんな感じ。

しっかり立てて封を切らないと、たっぷり入っている液体がこぼれてしまいます。

紺色は、ほうれい線が目立たなくなる上に、さらに、肌が輝くような艶が出ます。

お化粧しても、その艶がキープされていて肌が輝いています。

 

普段から生薬などを飲み、体の中から美容していますが、中からの美容だけでは太刀打ちできませんので、しっかりと外からもケアをしています。

顔の美醜は好みがありますが、肌のきれい・汚いは一目瞭然ですし、肌が汚いほうが好きという人はあまりいないと思います。

肌の調子が良い、悪いというのは、自己満足かもしれませんが、肌の調子が良いと気分が良いです。

気分よく1日が過ごせるためにシートマスクをするというのは、贅沢ではなく自分への営養だと思います。

何気なく飲んでいるコーヒーやお菓子を1,2度止めてシートマスクをするのもたまにはおすすめな気分転換です!

※シートマスクは教室で販売しています。また楽天、ロフト、ハンズでも販売されています!

 

瀧本靖子

このブログの著者

瀧本靖子

中国医学研究家、国際中医師、国際薬膳師、管理栄養士、オールアバウトガイド、フードコーディネーター、ソムリエ協会認定ワインエキスパート

メディア掲載情報